国内最高タイムで優勝! キプサング 東京マラソン

体幹トレーニング

国内最高タイムで優勝! キプサング 東京マラソン

キプサングが国内最高タイムで優勝、日本勢は井上の8位が最高 東京マラソン

東京マラソン2017(Tokyo Marathon 2017)が26日、都内で行われ、男子の部はウィルソン・キプサング(Wilson Kipsang、ケニア)が国内最高記録となる2時間3分58秒で優勝した。
 元世界記録保持者のキプサングは、これまでよりも平坦になったコースで国内記録となるタイムを出し、ベルリン・マラソン(40th Berlin Marathon)、ロンドン・マラソン(34th London Marathon)、ニューヨークシティマラソン(New York City Marathon 2014)に続いて東京マラソンのタイトルを加えた。
 よく晴れた東京の空の下、同じケニアのデニス・キメット(Dennis Kimetto)が保持する世界記録の2時間2分57秒の更新を目指し、序盤からハイペースで快走したキプサングは、少し風が出ていたこともあってラスト10キロメートルでペースを落としたものの、自身4回目となる2時間3分台をたたき出した。
 キプサングは2013年のベルリン・マラソンで当時の世界記録である2時間3分23秒を樹立したものの、1年後の大会でキメットに記録を破られている。
 2012年のロンドン五輪で銅メダルを獲得しているキプサングは、「好調だったので世界記録を狙いました。少し風もあって記録は出せなかったけれど、できればまたここへ戻って来て、2020年の東京五輪で走りたい」とコメントした。
 女子の部では、ケニアのサラ・チェプチルチル(Sarah Chepchirchir)が自己最高となる2時間19分47秒で優勝した。こちらも、日本国内で2時間20分を切るタイムが出たのは初めてだった。

 2年前の女王で、今回も2位に入ったベルハネ・ディババ(Birhane Dibaba、エチオピア)に1分半以上の差をつけるなど、チェプチルチルはなみいる有力選手をも置き去りにする圧巻の走りを披露した。

 男子では2位のギデオン・キプテケル(Gideon Kipketer)、優勝経験のある3位のディクソン・チュンバ(Dickson Chumba)を含め、6位までがケニア勢で占められ、ケニアにとっては完璧な一日となった。

 日本勢では井上大仁(Hiroto Inoue)が2時間8分22秒で8位入賞を果たしている。【翻訳編集】 AFPBB News

<東京マラソン>国内最高記録に笑顔 優勝のキプサング

2時間2分57秒の世界記録更新が目標、と公言して臨んだウィルソン・キプサング。それに1分1秒届かなかったが、初優勝に「素晴らしいレースができた」と笑みを浮かべた。
 世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の一大会として「世界標準」を掲げる東京。今回はキプサング用にペースメーカーを設け、30キロまでは世界記録を上回るペースで進んだ。一人、また一人と脱落する中、キプサングの表情は変わらない。最後は35キロ手前で一騎打ちだったチュンバを突き放した。
 新コースもタイムを後押しした。今大会からフィニッシュ地点が海近くの東京ビッグサイトから東京駅前に変更され、終盤のアップダウンや海風の影響がなくなった。キプサングも「条件がそろえば世界記録が出せるコース」と振り返る。
 自己ベストは2時間3分13秒。4回目の2時間4分切りは自身の世界最多記録を更新。来月に35歳になるが「まだ伸びしろはあると感じる。経験から好成績を残す準備ができている」。2012年ロンドン五輪銅メダリストに、衰えは感じられない。【毎日新聞】

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

<東京マラソン>東京五輪へ新星 井上、冷静な判断光る

2020年東京五輪へ新星が現れた。山梨学院大を卒業して2年目の井上は胸を右手で2回たたき、両手を広げてフィニッシュ。日本選手トップの2時間8分台に「びっくりと同時に、うれしい。混乱しています」と初々しい。
 2度目のマラソンとは思えない冷静な判断が光った。序盤、世界記録を狙う先頭集団が見える位置で積極的に走ったが、5キロ14分31秒と日本記録より20秒以上速い。「自分のペースで」とギアを落とした。これが奏功し、38キロ付近でスタミナ切れの設楽に追いつき勝負どころと見極めて「全力を出し切る」とスパートし振り切った。
 同学年に村山兄弟、1学年上には設楽、大迫ら若くから世界選手権やリオデジャネイロ五輪に出た精鋭がそろう。井上も大学の時に世界ハーフに出たが、気後れしていた。
 だが「マラソンならば負けない」と心に秘めていた。マラソンに力を入れる地元・長崎のMHPSに15年春入社。先輩を見て日常の積み重ねの大切さを学んだ。今大会へ向けて40キロ走を8本重ね、地力をつけた。
 同年代で最初にマラソンで結果を残したが、トップのキプサングとは4分半近い大差。「世界との差を詰めないと」と満足しない。高校で陸上部顧問に夢を問われ「マラソンで世界レベルで戦う」と定めた24歳が、夢の東京五輪のメダルへ一歩を踏み出した。【毎日新聞】

福島和可菜、東京マラソンで女性芸能人最速更新「本当に本当にうれしい」

ゴール後にメダルを手に笑顔を見せる福島和可菜
 元陸上自衛官でタレントの福島和可菜(34)が、26日に行われた東京マラソンで自己ベストの2時間57分51秒でゴールし、自身が持つ女性芸能人最速記録を更新した。

 昨年10月の米・シカゴマラソンで記録した自己記録の2時間59分5秒を1分以上更新し、「本当に本当にうれしいです」と大興奮。今回から新設されたコースを完走し「雷門や東京スカイツリーを見たり、東京らしい街中も走ることができた。絶えず沿道からの声援があり、とてもパワーになりました」と声を弾ませた。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

東京マラソン2017、2:14:09でフィニッシュしました!

「東京マラソン2017」 世界一安全なマラソン大会

1
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ