世界記録更新狙う!キプサング 今井も「勝負」26日東京マラソン

体幹トレーニング

世界記録更新狙う!キプサング 今井も「勝負」26日東京マラソン

キプサング 世界記録更新狙う、今井も「勝負」26日東京マラソン

キプサング

東京マラソンの記者会見で、抱負を語るウィルソン・キプサング
Photo By 共同


 東京マラソン(26日)に出場する有力選手が24日、東京都内で記者会見し、前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(ケニア)は2時間2分57秒の世界記録を超える2時間2分50秒を狙うと宣言した。ゴールが東京駅前に変更され、より平たんとなった新コースで「更新できたとしてもサプライズではない」と自信を漂わせた。

 大会は日本男子の世界選手権(8月・ロンドン)代表選考会を兼ねる。2015年大会で2時間7分39秒をマークした今井正人(トヨタ自動車九州)は「感覚は良くなってきている。勝負していく」と引き締まった表情。昨年に続いて2度目のマラソンとなる23歳の服部勇馬(トヨタ自動車)は「去年よりいい練習ができた。楽しみ」とレースを待ち望んだ。

 リオデジャネイロ・パラリンピックの男女金メダリストが参戦する車いすの部で男子の洞ノ上浩太(ヤフー)は「前半から突っ込んで、思い切りいく」と意気込んだ。

今井正人、東京マラソン目標タイムは「2時間8分30秒+アルファ」

 男子マラソンの世界選手権(8月、ロンドン)代表選考会を兼ねた東京マラソン(26日、東京都庁~東京駅前)に出場する有力選手が24日、都内で会見した。2時間7分39秒の自己記録を2015年の同大会でマークした今井正人(32)=トヨタ自動車九州=は「この2年間でアップダウンはあったが、それをクリアしてきた。レースの中でプラスアルファを出したい」とコメント。目標タイムも「2時間8分30秒+α」とボードに書いた。
 今回は新コースとなり、過去に出場経験のある選手にとっても未知の部分もあるが、コースがフラットになり好記録も期待されている。「アップダウンが自分の勝負のポイントと考えていたが(今回は)最後が平たんなコース。コースを使ってではなく、自分の体でギアチェンジできたら」とプランを明かした。
 海外勢は前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34)=ケニア=ら強豪ぞろい。前日にコースを試走したキプサングは「かなり平らなコース。細かい曲がり角はあるけど、アップダウンが少ない」と分析。目標タイムを「2時間2分50秒」と掲げ、世界記録の2時間2分57秒の更新を目指す。しかも「それができたとしてもサプライズではない」と、自信を見せた。
 そのほかの日本人選手は、昨年のこの大会でマラソンデビューした服部勇馬(23)=トヨタ自動車=や昨年のニューヨークシティー・マラソン4位の山本浩之(30)=コニカミノルタ、ロンドン五輪代表の藤原新(35)=ミキハウス=、前田和浩(35)=九電工=らが出場する。世界選手権の男子マラソンは最大3枠で、派遣設定記録は2時間7分。

出典 http://www.daily.co.jp

[マラソン]服部勇馬、世界陸上切符ゲットへ 果敢に攻める

服部勇馬

東京マラソンに向け意気込むトヨタ自動車の服部勇馬=愛知県田原市で(小嶋明彦撮影)

 1年前の忘れ物を取り返す。8月の世界選手権代表選考会を兼ねた、26日の東京マラソン(東京中日スポーツなど後援)に、昨年12位(日本人4位)だった服部勇馬(23)=トヨタ自動車=が再度挑戦する。今季東洋大から実業団に進んだ服部。レベルアップした姿を見せて、世界選手権代表の切符をつかみ取る。 (川村庸介)
 年下の大学生に屈した1年前の自分はもういない。2度目の東京マラソンへ向け服部は「(2時間)8分切りが今年の目標になる。その辺りを狙えるトレーニングと感覚は持てている。今年はとにかく世界陸上の切符を取りたいのが一番。そこでタイムが出れば良い」と静かな口調にも高い志を秘める。
 初マラソンだった前回の東京マラソンでは30キロで日本人集団の先頭に立ち、そこからの5キロを14分54秒にペースアップして引っ張った。だが39キロ付近で「あと3キロだから行けるという感覚はあったけど、足が動かなくなった。すごく2キロが、42キロが長かった」と急激にペースダウン。
 ゴール直前で箱根駅伝のライバル、青学大の当時まだ19歳だった下田裕太、仙台育英高の後輩でもあった一色恭志に相次いで抜き去られ、日本人4位に終わり、リオ五輪代表選考の俎上(そじょう)に乗ることすらできなかった。
 年下の後塵(こうじん)を拝したことはもちろん「学生に負けるとは思っていなかった。何で負けたのかなと思った」と悔しかった。だがそれ以上にふがいなかったのが、序盤高速ペースにもひるまず外国人に挑んだ村山謙太(旭化成)を追い掛けなかったことだ。「村山さんが積極的に行った中で僕も挑戦するべきだった。学生どうこうより村山さんの攻める果敢な姿勢、こう走らないといけなかったという思いがある」。その悔いこそが、意識が大学生という狭い枠ではなく世界に向いていた証拠でもあった。
 そもそも服部は大学2年の時には箱根駅伝の先にマラソンを見据えていた。「2年生ぐらいからまるっきり箱根、箱根じゃなく少しずつマラソンにシフトしていった。この先はマラソンでしか勝負できないと思っていた」。事実、大学3年時にも右アキレス腱(けん)痛で断念したが東京マラソン出場を目指していた。「実業団で伸び悩んでいる人を見ると、何でだろうと思った」とも。箱根駅伝は優勝、2年連続2区区間賞などの実績も残したが「振り返ることはない。うまく走れたイメージだけは取っておいている」と既に過去のものだ。
 今回の東京マラソンで代表権獲得にこだわるのも、マラソンで世界と戦う上でのロードマップを綿密に描いているからだ。「2020年を考えたときにまずは夏のマラソンをどう走るかが大事。すごく走りたくてメダルや入賞もしたいけど、まだすごく漠然としているので、できるだけ早く夏のマラソンを経験しないと、どう走りたいというのが自分の中で分からない」。経験がものをいうマラソンにおいて、真夏の東京五輪で世界と勝負するためには、近い状況の世界選手権を走り、肌で感じることが不可欠。3年という残り期間、東京五輪の選考会を考えると今夏の世界選手権は服部にとって必須と言える。
 「1人の人間として教養や見聞を広げ、人間性を高めることが競技力向上にもつながる」とトヨタ自動車に入社した今季。前半はマラソンのダメージが残っていたことや新入社員研修も重なり思うような結果を残せなかったが、9月には1万メートルで自己ベストに迫るなど復調。元日の全日本実業団駅伝ではエース区間の最長(22キロ)4区を任されるまでになった。その後のマラソン練習も「昨年と比べて質も量も高い練習ができた」と手応えを口にする。雪辱を果たし、世界をつかむための下地は整いつつある。

 東京マラソンを迎えるにあたって、意識して取り組んできたのが「42・195キロを理想とする動きで走りきること」だった。前回、30キロで飛び出したことに後悔はない。むしろ「35キロまでは使いたい筋肉を使えていた」という感覚も残っている。あと7・195キロ、いや、3キロ、2キロ自分の走りを維持できていれば…。ゴール直前の失速。もう繰り返すつもりはない。「30キロ以降ペースが遅かったにせよ、果敢に攻めることはできたので、その感覚は忘れないようにしたい。去年より速い展開になると思うけど、その時に果敢に攻める走りをしたい」。1年間の成長を見せつけ、東京から世界へと羽ばたく。
<服部勇馬(はっとり・ゆうま)> 1993(平成5)年11月13日生まれ、新潟県十日町市出身の23歳。176センチ、63キロ。同市・中里中で陸上を始め、宮城・仙台育英高の2年時に全国高校駅伝1区3位、3年時に全国高校総体5000メートル5位(日本人2位)。東洋大では2年時に箱根駅伝2区区間3位で同大の総合優勝に貢献、熊日30キロロードレースで1時間28分52秒の学生新記録を樹立し優勝した。3、4年では2年連続で2区区間賞。自己ベストはハーフマラソン1時間3分37秒、1万メートル28分9秒02。東洋大4年の弾馬(はずま)は実弟。

出典 http://www.chunichi.co.jp

東大・近藤、東京マラソン参戦…26日初フル挑戦

26日に行われる東京マラソンに、東大ランナーの近藤秀一(2年)=静岡・韮山高出=がマラソンに初挑戦する。今回に向けて40キロ走1回、30キロ走を2回消化して、準備は整えた。目標タイムは2時間15分を切ること。箱根駅伝を走れなかった悔しさをぶつける。

 東大ランナーが首都を疾走する。昨年末に箱根駅伝を走れないと分かった時点で、近藤が準エリート枠で出場権を持っていた東京マラソンの挑戦に踏み切った。「前から大学2年で走ろうとは考えていた。箱根からマラソンに気持ちを切り替えられた」。函南町生まれの21歳が、2時間15分切りを目標に設定した。

 3度の長距離走で手応えをつかんでいる。「30キロからマラソンと言われているのでどうなるか。でも、練習では、その壁に苦しんだ実感がないので行けそうな気がする」。1キロ3分12秒のペース走を消化。このタイムを最後まで刻めれば、目標はクリアできそうだ。

 地道に努力することをいとわない。恩師で韮山高陸上部の川口雅司監督は「ポテンシャルは決して、高くない。でも、粘り強くやり遂げる心の強さがある」と評価。浪人中も勉強しながら練習を怠らず、高3時の5000メートルの自己ベスト14分27秒10を2秒以上縮めた。

 陸上を始めたのは、小3の時。「基本、不器用。球技はセンスがない。僕が輝けるには、長距離だった」と近藤は自らを評するが、だからと言って、小さい頃から速かったわけではない。小学校低学年では「真ん中よりちょっと上」。それが、練習を重ねると少しずつ順位が上がった。小6の校内マラソン大会で2位。走る面白さにとりつかれた。

 高校時代からしのぎを削った青学大の下田裕太(3年)=加藤学園高出=が、負傷で東京マラソンを欠場。箱根駅伝8区で2年連続区間賞を奪った男と「一緒に走りたかった」と悔しがった。現役東大生のマラソン最高記録は2時間23分台だという。「最低でもそこは更新したい」近藤が未知の距離に挑む。(塩沢 武士)

 ◆近藤 秀一(こんどう・しゅういち)1995年7月27日、函南町生まれ。21歳。小3から函南RCで陸上を始めた。函南中3年の東海中学総体で1500メートル7位。韮山高3年の東海総体では1500メートル予選落ち。同年の県高校駅伝1区で区間賞を獲得した。1浪して東大に入学。172センチ、53キロ。血液型AB。家族は両親と弟。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

1
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ