「忍者走りだ」 新星現る! 安藤友香 名古屋ウィメンズ、初マラソン日本最高

陸上競技

「忍者走りだ」 新星現る! 安藤友香 名古屋ウィメンズ、初マラソン日本最高

昨日の名古屋ウィメンズマラソンの安藤由香さん、良かったですね。変わった風なフォームもロード(道路)向きで、スズキ浜松ACは、駅伝は出ない方針で取り組んでおり、このおかげもあるかもですし、清田さんとのコンビで、大活躍してくれそうです。
豊明高校出身ですが、岐阜県の中学出身ですので、都道府県駅伝の岐阜県チームで走られていますし、また一人、応援の楽しみが出来ました^^。

安藤2時間21分36秒!初マラソン日本最高

<名古屋ウィメンズマラソン>◇12日◇ナゴヤドーム発着(42・195キロ)

 安藤友香(22=スズキ浜松AC)が初マラソン日本歴代最高の2時間21分36秒をマークし、2位に入った。日本歴代でも千葉真子の2時間21分45秒を上回る4位のタイムだった。また、2時間22分30秒を切って日本人1位となったため、世界選手権の代表に決定した。
 優勝はユニスジェプキルイ・キルワ(32=バーレーン)で、自己ベストを更新する2時間20分17秒のタイムで3連覇を達成した。

◆成績
(1)ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン) 2時間21分17秒
(2)安藤友香(22=スズキ浜松AC) 2時間21分36秒
(3)清田真央(スズキ浜松AC) 2時間23分47秒
(4)桑原彩(積水化学) 2時間26分9秒
(5)石井寿美(ヤマダ電機) 2時間27分35秒

◆ゴール キルワが自己ベストを更新する2時間21分17秒で3連覇を達成。安藤は残り900メートルでサングラスを上げてゴールを目指し、初マラソン日本歴代最高の2時間21分36秒で見事2位に入った。
◆スタート 天候は晴れ、気温7度、湿度44%。北東の風1・0メートルの絶好のコンディションの中、一斉にスタート。直後にキルワが転倒するアクシデントもすぐに復帰。

新星現る「忍者走り」安藤友香、初マラソン日本最高

[2017年3月12日11時38分]

 日本女子マラソン界に新星が現れた! 一般参加の安藤友香(22=スズキ浜松アスリートクラブ)が2時間21分36秒(速報値)で2位に入り、初マラソンの日本最高記録をマークした。過去の最高記録は、03年大阪国際で坂本直子が記録した2時間21分51秒だった。
 前半から腕を下げ気味に腕を振らない「忍者走り」で、海外の招待選手に負けない積極的なレースを展開した。序盤から先頭集団に付くと、22キロからはキルワ(バーレーン)との一騎打ち。37キロで離されたが、粘りの走りでペースを落とさず2着でゴールした。これで8月の世界選手権(ロンドン)の代表切符が決定し、さらなる飛躍が期待される。(日刊スポーツ)

出典 http://www.nikkansports.com

安藤友香 日本人最高位 初マラソンで

キットカットは、子供も大好きですが、少し高級感のあるもので、他の高級ブランドのものに比べて、比較的お安いので、ププレゼントに最適です^^。

1
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ