琴勇輝の奥さんは岐阜人? (岐阜の方向け^^)

体幹トレーニング

琴勇輝の奥さんは岐阜人? (岐阜の方向け^^)

琴勇輝の奥さんは記事にあるように、岐阜県岐阜市出身とのことですが、さらに地元の、羽島高校出身だそうです。
ストレッチの生徒さんのお友達の娘さんが同級生だそうで、教えてくださいました^^。
佐渡ケ嶽部屋の名古屋場所での宿舎は一宮市にあり、岐阜市から近いですので、交流のある方は多いです。
それだけではありますが、岐阜県に縁があるということで、名古屋場所も応援します^^。

琴勇輝が結婚、元日に一般女性と 6月挙式

 大相撲の西前頭6枚目の琴勇輝(25=佐渡ケ嶽)が3日、元日に結婚したことを公表した。
 お相手は岐阜県出身で昨年3月まで保育士として勤務していた井川留美さん(31)。井川さんの父聡さんが、師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)を現役時代から応援していたことが縁で知り合ったという。
 6月10日に都内のホテルで挙式する予定。

出典 http://www.nikkansports.com

琴勇輝に史上初の珍事!不戦敗翌日に再出場を2回

平幕琴勇輝に、また珍事が起こった。9日目に左膝関節水腫で休場して不戦敗となったが、翌10日目のこの日から再出場した。15年春場所でも同じように、8日目に休場して不戦敗となり、翌9日目から再出場しており、自身2回目の経験となった。
 不戦勝不戦敗制度の歴史は深い。初日から全力士に適用されたのは昭和3年3月から。この制度ができるまでは、相手が休むと自分も休みになった。つまり不戦敗扱いにはならないので、優勝争いなどの場合に故意に休む力士がいたという。それを防ぐためにできた制度だ。その制度ができてから、過去に不戦敗した翌日に再出場したのは7人いる。1人で2回経験したのは初めてとなった。

出典 http://www.nikkansports.com

なぜ休んで再出場したのか。力強さが戻らなかったのか、千代大龍にあっさり押し出された琴勇輝は「今日なんとしてでも出るために、1日時間を取りたかった。無理に出てその後を棒に振りたくなかった」と説明した。西12枚目は、十両陥落も気になる番付。不戦敗は1つ星を落とすことになるが、15日間という長い目で見た判断だった。後はそれを、生かすだけだ。【佐々木隆史】

1
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ